坂本よしたか情報ファクトムハーモニーとは?!

坂本よしたか情報ファクトムハーモニーとは?!

ファクトムの成長に担うファクトムハーモニーとは?!

坂本よしたかです。本日はファクトムについてどんなプロダクトなのか、また将来性についてはどうなのかをお伝えしていきたいと思います。

ファクトムは、登記簿や貸付記録や証券に保険などありとあらゆる書類や記録をビットコインで使われてるブロックチェーン上に管理する目的で作られました。
ファクト(Fact)は「事実」という語源からでてきおり、日本で例えると印鑑証明や登記簿登記などの特定の事実を証明できる公証になると注目されています。

大量のドキュメントを一部のサーバーなどで管理すると膨大な管理コストと手間がかかり、場合によっては大きなトラブルに発展する恐れもあります。

ファクトムを使うと、データ管理を一部の中央サーバーで管理するのではなく、世界中の分散されたコンピューターで管理するので安全で尚且つ透明性の高い状態で記録を保存できます。

またファクトムが記録するのは、ドキュメントのみなので、個人情報などの漏洩の心配もありません。ファクトムは、記録や証明を、大量に、安く、そして機密を保護した状態で記録できるというのが最大のメリットです。

具体的にファクトムで何ができるかというと、データ(契約書や文章、貸付記録、証券、保険)の記録と管理を第三者なしで証明することが可能です。

ブロックチェーンの改ざんができないという特徴を活かして、ファクトムはありとあらゆる書類や記録を安全かつ確実に管理しようというものです。

ファクトムとはプラットフォームの名称でデータや書類などを記録するものということが分かりました。仮想通貨としての通貨名称は、Factoid(ファクトイド)と呼ばれています。私たちが、コインチェックなどで取引しているファクトムはこのFactoid(ファクトイド)通貨単位FCTと呼ばれるものです。

そしてこのファクトムが注目されている理由があります。それはファクトムハーモニーと呼ばれるプロジェクトです。

このプロジェクトにより、アメリカの住宅ローン市場をパッケージ化することができます。これにより大幅なコスト削減が可能になり、セキュリティ会社などの第三者機関が不要になります。画期的ですよね。

このプロジェクトの進捗は今後も見逃せないですね。
着目しておくべきではないでしょうか。

今回の記事は以上になります。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

未分類カテゴリの最新記事