坂本よしたかや富裕層の間で話題沸騰していたストレージコインX

坂本よしたかや富裕層の間で話題沸騰していたストレージコインX
2014年密かにごく一部の富裕層の間で話題沸騰していた

ストレージコインXについて徹底解剖

坂本よしたか注目のストレージコインXはご存知でしょうか?
ビットコインの裏側で有名なリップルやイーサリアムが盛り上がってあがりました。
そんな中、隠れて注目されていたストレージコインXの存在とは?

この仮想通貨ですがクラウドセールは、2014年7月18日に始まって8月18日に終わりました。一部の富裕層だけに提供され話題沸騰したもので、マーケティングやコミュニティ基金のために資金調達を果たしています。

ストレージコインX
通貨目商(通貨単位):Storjcoin X(SJCX)
システム(アルゴリズム):Proof of Resource
公開日:2014年7月20日

このストレージコインXはチームによって作られた「分散型インターネット」の次の変革を創造します。

ストレージコインXは、最近、上記の問題を解決する、より速く、より安全で(既存のBitcoinテクノロジーを使う)だけではなく、完全に分散化されたクラウドストレージソリューションを発表しました。

ストレージコインXは、ビットコインのように、ピア·ツー·ピア決済システムの役割を果たしながら、完全分散化された、安全で効率的なクラウドストレージサービスを提供することを目的とするオープンソースプロジェクトです。

小コストで、セキュリティを強化するという現実性を兼ね揃えています。

クラウドストレージのコストを劇的に下げることを計画していて、ユーザは単に容量ではなくスペースの代価を払うということになりです。ネットワークの大多数がユーザ・コンピューター上で成り立っているので、ネットワークの運用コストは集中型の Dropboxのようなサービスよりはるかに安くなります。

分散型セキュリティ
ストレージネットワークは、1500億ドル以上と評価される既存のクラウドストレージ市場に進出し、強化し、発展するために使用されます。完全に暗号化されたストレージ(bitcoin技術を使用することで、暗号化される)を提供します。また、それは、分散化されています。 これによってどんな権威もあなたのファイルに侵入できないし、壊すことができないことを意味するわけですね。

今後この技術で分散型セキュリティをより現実的なものにするために、ストレージXは使用される事でしょう。仮想通過業界を押し上げる銘柄になりえるのではないでしょうか。

今回の記事は以上になります。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、下記をクリック
↓↓↓
坂本よしたかのメルマガに登録へ

坂本よしたかカテゴリの最新記事