レバレッジ取引「bitbank Trade」終了

レバレッジ取引「bitbank Trade」終了

坂本よしたかです。仮想通貨交換事業を行うビットバンクは2019年1月10日に、運営を続けていたbitbank Tradeを終了すると発表しました。 bitbank Tradeとはビットバンクが運営するレバレッジ取引所のことで、3月31日に終了となる予定です。 何故サービスが終了してしまうのか、理由などについてまとめます。

そもそもbitbank Tradeは2015年の夏に、国内初の仮想通貨レバレッジ取引所としてリリースされました。 レバレッジ最大20倍でサービスが提供されていたため、多くの投資家たちから期待されていたのではないでしょうか。

しかし国内での競合他社の存在や他のサービスの取引高の増加から、流動性への寄与度合いが減少してしまったのです。 そのような事情からビットバンクはサービス終了を発表し、bitbank Tradeの役目は終わったとコメントを出しています。

サービス終了に伴いユーザーが保管する仮想通貨のデータは、ビットバンク社の別のサービスに自動的に移行されるとのことです。 この別のサービスの売買代金が、日本国内で第1位になるまでに成長しました。 世界規模で見ても第8位となり、bitbank Tradeの流動性に影響を与えたのではないかと言われています。

サービスが終了する3月31日に向けて、2月1日から順次サービスが停止されるスケジュールも発表されています。 まず2月1日にはアフィリエイト機能が停止され、3月1日になると新規登録ができなくなります。 3月15日には四半期の売買が停止となり、3月22日には来週の上場が停止となります。 そして3月29日には新規注文や決済注文、また注文のキャンセルができなくなります。 3月31日にはすべての機能が停止となり、4月1日からはログインすることができません。
これらのスケジュールはあくまでも1月時点での予定であるため、変更される可能性もあるでしょう。

移行先となる別のサービスについては、bitbank Tradeを利用していた投資家たちのために内容の強化が検討されています。 日本国内で最も多くの売買代金を記録したサービスがさらに強化されれば、世界で第1位となる日がいつか訪れるかもしれません。

今までbitbank Tradeを利用していた投資家たちは、今までの取引データが消えるわけではないため安心してください。 ただし別のサービスへの移行を希望しない場合、サービスが終了する前に引き出しの手続きを行っておくことをおすすめします。

坂本よしたかの仮想通貨情報はLINEへ

坂本よしたかLINE@はこちら



坂本よしたかカテゴリの最新記事