仮想通貨イーサリアムクラシックの損失額は1億円超

仮想通貨イーサリアムクラシックの損失額は1億円超

こんにちは!坂本よしたかです。

仮想通貨の人気銘柄の一つであるイーサリアムクラシックは、2019年に入り51パーセント攻撃の被害を受けました。
それに伴い大きな損失が発生したことが報じられており、投資家たちに影響を与えたと言えるでしょう。
損失額は1億円を超えており、日本の投資家たちもかなりの影響を受けたのではないでしょうか。

2019年1月8日にアメリカの大手仮想通貨取引所は、イーサリアムクラシックの損失額が110万ドルに上ることを明かしました。
110万ドルという金額ですが、日本円に換算すると約1億2,000万円になります。

51パーセント攻撃により被害を受けたイーサリアムクラシックについて、約4,800万円の二重払いが行われました。
もちろん正当は支払いではなく、不正に行われたものです。
ちなみに51パーセント攻撃とは、仮想通貨のブロックチェーンの機能を狂わせる不正手段の一つです。
悪意を持った個人や集団が仮想通貨のネットワークの過半数を不正に支配し、正常ではない取引が処理されてしまうこともあるのです。

上記の大手仮想通貨取引所は被害銘柄のブロックをチェックし、その情報から不正取引が行われていたことを明かしました。
しかし話はこれだけでは終わりません。
追加的な再編成をチェックしたところ、被害額がさらに増えていたのでした。

そして今回の件を受けて、複数の仮想通貨取引所は対応に追われることになりました。
上記の大手仮想通貨取引所の場合、取り扱われていたすべての取引が停止となったのです。
51パーセント攻撃の危険性を甘く見ることはできないため、取引によって得られる利益よりも安全性を重視したのでしょう。
日本国内の仮想通貨取引所でも動きが見られ、一時的にですがイーサリアムクラシックの入出金が停止となってしまいました。

ある関係者は今回の事件を受けて、規模の小さいコインが淘汰されると危惧しています。
51パーセント攻撃の被害に遭う可能性が高い銘柄は投資家たちから見捨てられ、安全性があるものへとシフトするとコメントを出しています。
特にPoWというシステムが用いられているものは危険性が高く、それ以外の銘柄の人気が高くなるかもしれません。

イーサリアムクラシックという一つの銘柄が被害を受けただけでも、仮想通貨市場全体に悪影響を及ぼすのです。
今後同じ事件が起きないとは断言できないため、仮想通貨の安全性をより向上させることが重要と言えるでしょう。

坂本よしたかLINE@はこちら



坂本よしたかカテゴリの最新記事