cross-side exchange benefit

cross-side exchange benefit


こんにちは!坂本よしたかです。

cross-side exchange benefitとは、仮想通貨の取引における利益を意味します。
仮想通貨はただ所有するだけではなく、他の投資家たちとやり取りを行うことで利益が確保できるでしょう。
今回は何故利益が確保できるのか、簡単にまとめて紹介します。

仮想通貨の取引により利益が確保できる仕組みですが、大きく2つのポイントがあります。

1つ目のポイントは、銘柄を安く購入して高く売ることです。
これはcross-side exchange benefitだけではなく、せどりなどにも共通して言えるでしょう。

市場に参加する投資家たちは、現物取引という方法を行うこともあります。
特定の仮想通貨を手持ちの資金で購入し、適切なタイミングで売りに出す取引のことです。
仮想通貨の市場は様々な影響を受けて変動するため、安かった銘柄が高く評価される可能性もあるのです。
この方法で利益を確保するつもりであれば、日ごろから仮想通貨に関するニュースをチェックすることをおすすめします。

仮想通貨取引所を利用して現物取引を行う場合、手数料がかかってしまうこともあります。
しかし特定の銘柄に限り手数料が無料となる場合もあるため、自分にとって都合の良いところを選ぶことが重要です。

2つ目のポイントは、レバレッジ取引の成功です。
入金額よりも大きな金額で取引できるようになるシステムを、レバレッジと言います。

たとえば1つの銘柄を仮想通貨取引所から借り、それを80万円で売ったとします。
すると手元には80万円が残りますが、その後下落してしまうかもしれません。
下落してしまったときに、銘柄を1つあたり60万円で売るのです。
借りていた銘柄を1つ返すと、差額の20万円が手元に残り利益となるのです。

このように本来の金額よりも大きな金額で取引を行うことができ、利益の確保が目指せるのです。
証拠金に対するポジショニング比率のことを、レバレッジ比率と言います。
この比率が高くなれば、資金が少額でも大きな取引ができるようになるでしょう。
たとえばレバレッジ比率が10倍で証拠金が10万円の場合、100万円の金額で仮想通貨の取引が行えるのです。

cross-side exchange benefitにおいては、上記した2つのポイントが重要になるとおきましょう。
初心者は無理をしてコツコツと利益を確保しようとはせず、まずは少額の簡単な取引から始めて利益を確保するようにしましょう。

坂本よしたかLINE@はこちら



坂本よしたかカテゴリの最新記事