二ューヨーク市 ブロックチェーンセンター開設を発表

二ューヨーク市 ブロックチェーンセンター開設を発表

こんにちは!坂本よしたかです。

アメリカのニューヨーク市経済開発公社は2019年1月10日に、ブロックチェーンセンターを開設することを発表しました。 仮想通貨市場は低迷している言われることもある中で、ニューヨーク市は可能性を見出しているのかもしれません。 今回の開設によりニューヨーク市は、長期戦に備えるつもりなのでしょう。

仮想通貨にはブロックチェーンが用いられており、取引データの管理が行われているのです。 取引履歴のことをトランザクションと言い、複数のトランザクションがまとめられたものをブロックと言います。 複数のブロックが連なるように保存されたものがブロックチェーンであり、分散管理されていることが特徴です。

ニューヨーク市内に設立されるブロックチェーンセンターは、国際貿易組織グローバルブロックチェーンビジネス会議などが開発に携わっています。 およそ370平方メートルの広さを誇り、一般の利用者に対してブロックチェーンに関する教育サービスを提供する予定です。 またシステムの開発者を対象とした、プログラミングの授業も予定されています。 企業家たちの新たなビジネスチャレンジをサポートすることで、ブロックチェーンを用いたニューヨーク市の発展が目的です。

さらなる発展を目指すニューヨーク市は、1回限りの初期投資として10万ドルを出資しました。 10万ドルを日本円に換算すると、およそ1,080万円になります。 投資を受けたブロックチェーンセンターは、会費や企業パートナーなどから必要な資金を調達する予定とのことです。 発表があった1月時点で、有名なベンチャーキャピタルやソフトフェア企業がパートナーになっていると報じられています。

ニューヨーク市経済開発公社の最高戦略責任者は、あるインタビューに対して長期戦を覚悟していることを語っています。 ブロックチェーン技術は黎明期にあり、進化の過程で不透明なトラブルに見舞われる可能性もあるとのことです。 未来はどうなるかはわからないがそれを形作るテーブルを用意する、といった内容のコメントを残しています。 ニューヨーク市経済開発公社は発展のために、ブロックチェーンに秘められている可能性と機会を活かしたのではないでしょうか。

今回の開設を受けてニューヨーク市を擁するニューヨーク州は、規制のあり方について模索している最中だと言われています。 また2019年秋にはテストが行われるという報道もあるため、投資家たちは今後の動向をチェックすると良いでしょう。

坂本よしたか情報
ブロックチェーンの将来性はこちら

坂本よしたかの仮想通貨情報はメルマガへ
仮想通貨最新情報を集める

坂本よしたかカテゴリの最新記事