坂本よしたかが教える初心者のミスと対処方法

坂本よしたかが教える初心者のミスと対処方法

こんにちは!坂本よしたかです。

仮想通貨取引の初心者がやりがちな3つのミスと対処方法

これから仮想通貨による取引を本格的に始めるつもりの初心者は、ミスを犯さないように注意する必要があるでしょう。
少しのミスが命取りとなり、取引において大きな損をしてしまう場合もあるためです。
今回は初心者がやりがちな3つのミス、そして対処法を紹介しますので是非とも参考にしてみてください。

仮想通貨市場は2017年末にかけて盛り上がりを見せ、2018年に入り下落の一途をたどっています。
新規参入者の数が増えた後市場全体が調整されたことにより、含み損や損失が発生したと考えられます。

そのような中で海外のある仮想通貨の専門メディアが、初心者が犯しやすい3つのミスを紹介しました。

1つ目はトレンドに逆らった取引を行うことで、上記の専門メディアには初心者は強気相場でショートポジションを取るとあります。
また反対に弱気相場に参加し、ロングポジションを取るという人もいるかもしれません。
このようにトレンドに逆らって短期的な取引を行うと、約定されず市場の中で取り残されてしまう可能性もあります。

常にトレンドをチェックし、無理にリスクの高い取引を行わないことが対処法となります。
市場全体の動きを把握し、トレンドに沿った取引を心がけましょう。

2つ目は保ち合い期間中の取引を行うことで、上記の専門メディアは価格が横ばいに推移する保ち合い期間中の取引を低く評価しています。
仮想通貨市場はとても動きの激しい相場であり、価格の急激な下落が起きることもあるためです。

保ち合い期間中の市場には、買いシグナルや売りシグナルがないという特徴があります。
しかし保ち合い市場はいつまで続くわけではないため、その後のトレンドに従って取引を行うと良いでしょう。

3つ目はリスクの分散で、上記の専門メディアは初心者に対してある指摘を行っています。
初心者は全投資金を一度に1つの仮想通貨に投資し、それを手離さないで長期保有する傾向にあるという指摘です。
このような長期保有には価格回復までに時間がかかるというデメリットがあるため、初心者にはおすすめできません。

銘柄購入時の資金を減らし、購入タイミングを複数回に分けることが対処法です。
複数の銘柄を購入することも、リスク分散として有効でしょう。

初心者がいきなりミスをしてしまうと仮想通貨に対するイメージが悪くなり、取引に対するモチベーションが下がるかもしれません。
そのようなことを防ぐためにも、まずは3つのミスをなくすことから始めてみてください。

坂本よしたかカテゴリの最新記事