坂本よしたか注目コイン「アルボス」

坂本よしたか注目コイン「アルボス」

坂本よしたかです。

仮想通貨を使った取引を行ったことがある人なら、アルボスという銘柄を知っているかもしれません。銘柄の1つでありながら、ハードウォレットとクレジットカードの機能が1つになったカードの様な特徴も持っています。業界内ではただの仮想通貨としてではなく、カード決済の世界に革命をもたらすのではないかと言われ坂本よしたかも注目しているコインの一つです。

アルボスには以下のような特徴があるため、他の仮想通貨とは差別化されています。
差別化されている点を坂本よしたかがまとめました!

まずダイナミックプライベートブロックチェーンというシステムが利用されています。ダイナミックプライベートブロックチェーンとは、1つの組織により書き込み権限及び集中管理が行われているブロックチェーンです。それを上手く利用して、決済の速度を約1秒にすることに成功したのです。

またアルボスセーフボックスというシステムが存在することも特徴です。アルボスを安全に使えるように存在するシステムであり、他の暗号通貨の銘柄のサポートにも適しています。誰かが自分のアルボスウォレットを盗もうとしても、保険会社が100パーセント保証してくれるのです。

何よりハードウォレットとクレジットカードが1つなっていることが、アルボスの最大の特徴と言えるでしょう。1度に両方の管理ができるため、手間がかからなくなるというメリットが期待できます。クレジットカード機能を使う場合、カード会社を任意のものに選択することも可能です。

アルボスのカードのサイズが小さいことも特徴の1つと言えるでしょう。一般的なクレジットカードとほぼ同じ大きさをしているため、持ち運びに便利です。財布の中に入れて持ち運んでも、他のカードと同じようにすぐに取り出せるでしょう。またカードが収納できるスマートフォンケースを使えば、お店でもすぐに決済できると思われます。

財布の中がごちゃごちゃしている人にとっても、アルボスには利点があるかもしれません。仮想通貨としての機能も持つため、現金ではなくカードによる決済が可能になります。クレジットカードを2枚以上持ち歩いている人も、たった1枚にまとめることができます。アルボスカード1枚で20枚のカード情報を登録できるため、財布の中をスッキリとまとめたい人におすすめです。

決済を未だに現金や従来のクレジットカードにしている人たちがアルボスを選んだ場合、市場規模の大きな成長が予想されます。時代に取り残されたくないと考える人は、是非ともアルボスをチェックしてみましょう。

アルボスは仮想通貨の銘柄の種類ですが、決済を目的として使うためには当然購入しなければなりません。そこで今回はどのようにすれば手に入るのか詳しく知らない人のために、気になる人は是非ともチェックしてみてください。
購入に必要な手続きが完了すれば、その後は使える範囲で買い物を楽しむと良いでしょう。

まずネット環境がある人は、パソコンやスマートフォンでアルボスの公式サイトにアクセスしてください。公式サイトにアクセスすると、ログインを求めるページが表示されるでしょう。アカウントを持っていない人は、新規登録を選択してください。

新規登録画面が表示されたら、氏名とメールアドレスとパスワードを入力します。パスワードにはルールが存在し、8文字以上で大文字を1つ以上含んだ組み合わせでなければなりません。セキュリティ面を考慮すれば、3ヶ月に1度で良いのでパスワードを定期的に新しくすると良いでしょう。

登録の手続きが完了すれば、入力したメールアドレス宛てに案内が届くはずです。内容を確認し、問題がなければ承認手続きを行ってください。

その後SMS認定を行いますが、あなたが日本に住む日本人であれば国籍の項目はJAPANを選んでください。
そして自分の電話番号を入力し、端末に届いたSMSに記載された6桁の番号を入力します。
内容に誤りがないことをチェックし、OKボタンを選択します。

最後に住所情報を入力し、身分証明書のアップロードを行います。
顔写真が写っているものを選び、アップロードする画像はなるべく綺麗なものにしてください。

ここまでの手続きが完了すれば、ログイン後にアルボスのトークンを購入できるようになります。
トークンとはブロックチェーンというシステムから発行されたもので、一般的な仮想通貨と同じように送金や取引が可能です。
ログイン後の画面左に表示されるメニューから、購入画面を選択してください。
その画面で購入するトークン量を選択することができます。
必要な量を選択して手続きを済ませれば、後は自由に決済ができるでしょう。

上記にある手続きについて面倒だと思う人もいるかもしれませんが、購入するためには大切な工程となるため覚えておきましょう。

アルボスは複数のカード情報を1枚にまとめることができる機能が備わっており、ストレスのない決済を夢見る人にピッタリかもしれません。
面倒な手続きの先に得られる利便性に魅力を感じたのであれば、今すぐ公式サイトにアクセスしてください。

坂本よしたかです。
仮想通貨に興味はあるが踏み出せないという人たちは、大きな事件の影響により安全性を懸念しているのではないでしょうか。
確かに日本国内でも2018年1月に不正流出事件が発生しており、当時の報道内容によると被害額は580億円にも及びます。
安全性の高い銘柄でなければ取引できないと考えている人には、アルボスをおすすめします。

アルボスにはクレジットカードの機能を利用できるという特徴がありますが、安全性を考えた対策もしっかりしているのです。

たとえばアルボスウォレットには、セーフボックスというシステムが実装されています。
仮想通貨に対して100パーセントの安全性を保証するためのものです。
もし第三者に盗まれてしまっても、保険会社がきちんと保障してくれるサービスでもあります。

また公式から公表されているプロジェクト関係者の経歴にも、安全性の高さがうかがえるのではないでしょうか。
カウンセラーとして2人のスタッフが携わっており、一般人でもその経歴をチェックできます。

そのうちの1人は都内の法律事務所に勤務する弁護士です。
アメリカの高校を卒業後日本国内の有名大学に進学し、アメリカの有名大学の客員研究員を務めるなど輝かしい経歴を持ちます。
所属事務所の公式ホームページ上のデータによれば、プライバシー評価や企業のガバナンスに関する活動も行っています。

もう1人はあるIT企業の代表取締役社長を務める男性で、インターネット誕生時より業界で活躍したという経歴を持ちます。
郵政省や有名な通信事業企業で顧問や相談役を歴任し、仮想通貨に対する理解も深いと言えるでしょう。

上記の2人はその経歴から、海外でも有名な人物と言えるのではないでしょうか。
そのような人物が携わっているため、アルボスという銘柄の存在がICO詐欺である心配はいらないでしょう。

ちなみにICOとは事業者側が発行したトークンと呼ばれる独自の暗号通貨を販売し、投資家たちから資金調達を行う方法です。
悪質な銘柄や取引所であればICOによる詐欺の可能性もありますが、アルボスはカウンセラーの経歴を一般公開しています。
もし重大な不正があればカウンセラーたちの名誉に関わるため、信頼しても良いのではないでしょうか。

事前に信頼できる銘柄を見極めて公開されている情報をチェックすることは、リスク回避の観点からも重要と言えるでしょう。
それを踏まえた上でアルボスに興味があるという人は、取引を始めてみてください。

坂本よしたかです。

仮想通貨の銘柄の1つであるアルボスですが、2018年8月に上場を果たしました。
取引所が公開しているチャートを見ると下落しているときもあるものの、その後すぐに上場時と同程度の価格にまで回復しています。
日本国内での知名度がより高くなれば、取引のために利用する人の数が増えると思われます。

アルボスの公式サイトは、日本サーバーを使用しています。
そのため投資家の中には、アルボスは日本人だけを食い物にしているICO案件だと考える人もいるかもしれません。
そんなアルボスがToken Xと上場を果たしたのは、2018年8月15日のことでした。

Token Xは仮想通貨の取引所としてはマイナーであり、名前を聞いたことがないという人もいるでしょう。
取り扱っている仮想通貨の種類が限られており、公式サイトがドメインを獲得したのが2018年4月のことでした。
オープンしてから日が浅く取り扱っている銘柄数に限りがあるため、避けていた人もいたのではないでしょうか。

しかしながらアルボスの人気や知名度が高まったことから、見事銘柄の上場を成し遂げたのです。
特に日本国内の投資家にとっては、今後より身近な銘柄になるかもしれません。

アルボスに関する情報については、海外投資家よりも日本国内の投資家の方が多く知っているでしょう。
上記でも説明した通り公式サイトは日本サーバーによるものであり、日本国内の投資家しかアクセスしていないためです。
仮想通貨について調査を行ったあるユーザーが自身のホームページ上で公開したデータにより、アクセス国が日本だけだったことがわかります。

SNSや個人ブログなどにより、アルボスという銘柄の存在を海外に伝えることは可能でしょう。
しかし上記のデータから考えれば、海外サーバーで情報をチェックできないはずです。

日本国内を潤わせるために生まれた銘柄だとすれば、海外投資家に遅れを取らないというメリットが期待できます。
反対に海外での知名度がまったくないかとても低いと考えられるため、海外での取引には向かないというデメリットもあるでしょう。
今後アルボスが海外でも取引されるようになれば、状況は変わるかもしれません。

以上の内容からアルボスは数ある仮想通貨の種類の中でも、日本国内で活動する投資家たちをターゲットにした銘柄だと言えるでしょう。
海外で生まれた銘柄は数が多くイマイチ自分には合わないと感じる人は、まずは上場を果たしたアルボスで練習してみてください。

草コインの最新情報を知りたい方は坂本よしたかのメルマガにご登録お願いいたします。
仮想通貨最新情報を集める

坂本よしたかカテゴリの最新記事