大手海外取引所BITFINEXのメリットデメリット

大手海外取引所BITFINEXのメリットデメリット

坂本よしたかです。

海外の仮想通貨取引所の中でも、最大手といってもいいのがBitfinexになります。仮想通貨の取引は、国内だけではなく海外のものも含めることで、一気に選択肢が広がります。そこでBitfinexについて、坂本よしたかがメリットとデメリットについて解説していきましょう。

Bitfinexが設立したのは2013年で、老舗の取引所の1つです。60種類を超える仮想通貨の取扱があるので、国内の取引所では購入できないコインが手に入ります。2015年と2016年に、大規模な被害をだしたハッキングを受けたことでも有名でしょう。こうした経験から、現在ではセキュリティに関しては、他の取引所よりも対策を練っています。この点をプラスに見るか、マイナスに見るかは、個々人によって意見が分かれるでしょう。

では、Bitfinexのメリットを見ていきます。まずBitfinexは規模の大きな取引所だけに、流動性がとても高くなっているのが特徴です。当然ですが、板を使った取引も成立しやすくなります。流動性を確保できる取引所は、人が集まってきますので、さらに取引がしやすくなる好循環を生み出すでしょう。もう1つはレンディングができる点です。豊富なサービスを誇る海外の取引所でも、レンディングに対応しているとこは多くありません。ちなみに、レンディングとは自分が保有している通貨を、取引所に貸し出すことを言います。取引所が集めた仮想通貨は、別のユーザーが利用する仕組みです。この時にレンタル料として、利息が支払われます。新しい投資の方法だと言って良いでしょう。ただし、レンタル中は仮想通貨の売却や送金が行えない点は、覚えておいてください。

反対にBitfinexのデメリットも考えます。1つに、法定通貨での入金ができない点をあげます。仮想通貨でしか入金ができないため、一度は別の取引所で日本円から仮想通貨を購入しないといけません。そして入手した仮想通貨を送金するので、手数料が2重にかかってしまうのです。また、Bitfinexは香港に拠点をおく中国の企業になります。現時点で中国は仮想通貨を規制する動きを見せていますので、将来的には取引停止処置がとられる可能性もあるのです。香港は一国二制度ではありますが、いつ変わるかわかりませんので、相応のリスクがあると考えておくべきでしょう。またセキュリティを強化しているとは言っても、世界でも最大規模の取引所です。悪質なハッカーから狙われる危険性も、無視することはできません。

Bitfinexは海外の取引所でも大手に入ります。豊富な取扱通貨、セキュリティの高さ、レンディングができるなど魅力的なサービスを提供しているのが特徴です。しかし法定通貨での入金ができない中国というリスクがあるなど、デメリットも存在します。

海外取引所について知りたい方は坂本よしたかのメルマガ登録へ
仮想通貨最新情報を集める

坂本よしたかカテゴリの最新記事