2018年前半の下落トレンドで価格上昇した銘柄5選

2018年前半の下落トレンドで価格上昇した銘柄5選

こんにちは!坂本よしたかです。

2017年は国内だと仮想通貨元年とも言われました。
過去最高額をつけた仮想通貨が多かったのですが、2018年に入って下落が続いています。
そうした状況でも、価格をあげている銘柄も存在しているのです。
ここでは5つの銘柄を紹介していきます。

今年もあと少し!一年を振り返っていきましょう!

最初に紹介したいのがTronです。Tronはエンターテインメントに特化した仮想通貨になります。クリエイターを支援することで、新しい働き方を提案するプロジェクトだと考えてください。言い換えると、近年になって流行っている配信サイトを利用した働き方です。もともとTronは、大きな注目をされていませんでした。それが2018年に入って、複数の取引所に上場するという話から価格が急騰したのです。現状としては、かなり落ちついたものの、当初の価格からすればかなりの伸びがあると言って良いでしょう。やはり、新しい価値を持たせたプロジェクトには、注目が集まりやすいようです。

次にVeChainを紹介しましょう。VeChainもまた新しい概念の仮想通貨です。仮想通貨で使われるブロックチェーンは、書き換えができないのが特徴になります。この特徴を利用して商品の真贋を判定するサービスなのです。政府の機関や食品関連など幅広い分野において、真贋を判定するのに役立つとされています。2017年末から急激に値段をあげてきて、現在でも高値を維持している仮想通貨の1つです。

バイナンスコインもまた価格が上昇しています。バイナンスコインは、世界でも最大の仮想通貨取引所が発行しているものです。このコインを所有していると、同取引所での購入手数料が割り引きされる特徴を持ちます。世界的に仮想通貨の取引が増えている現在、最大手の取引所の手数料が割り引きされるメリットは大きいでしょう。2018年に入って、いったんは価格が下落しましたが、その後は堅実に値段をあげています。

特徴的な価格上昇をしたのがEOSです。分散型アプリケーションのプラットフォームを、提供する目的の通貨になります。さらに、トランザクションが優秀で、手数料が無料というメリットもあるのです。EOSは高い注目を集めていましたが、韓国の仮想通貨取引禁止法案が却下されたこともあって、値段が高騰しました。特に4月の末から5月にかけては、過去最高額を記録したほどです。

最後に0xを紹介します。0xは分散型の取引所を提供するプロジェクトです。最近では0xのシステムを利用した取引所も増えてきており、今後も注目を集める通貨の1つでしょう。2018年の初頭から大きな成長を見せ、一時は価格が下がりますが、5月には再び値段をあげました。その後も、大きく値下がりはしていません。

2018年の前半に値段をあげた仮想通貨を5種類紹介しました。
どの通貨も新しい技術を使ったもので、今後も注目を集めていくのは間違いないでしょう。

仮想通貨は本当に奥が深い!少しでも多くの知識を集めておいた方が有利ですので坂本よしたかのメルマガでも情報をゲットしてみてください!
仮想通貨最新情報を集める

坂本よしたかカテゴリの最新記事