ノアコイン一時急騰に坂本よしたかが迫る!

ノアコイン一時急騰に坂本よしたかが迫る!

お久しぶりです!坂本よしたかです。

2018年に入って、様々な仮想通貨の値段が下がっていました。そんな中で、ノアコインの値段が一時的に急騰しました。なぜ価格が急騰をしたのか、その理由を考えてみましょう。

ノアコインも他の例に漏れず、右肩下がりを続けていました。一時期はプレセールの10分の1程度にまで、価格が落ち込んだほどです。そもそもノアコインは、詐欺ではないかと考える人が多くいました。フィリピンで公的に認められた仮想通貨としてデビューし、経済成長に関わるものだったと言えます。フィリピンは経済的な成長が激しく、今後もその伸びしろが期待される国の1つです。そうした国で公的なコインとして扱われることは、非常に将来への展望がもてるはずでした。しかし、フィリピンの大使館が問い合わせに対して、政府とノアコインは無関係であると宣言をだしたのです。そのためノアコインの、信用の前提となっていた部分が崩れてしまったのです。結果、ノアコインの価格は右肩下がりになっていきます。そうした流れが、ずっと続いていたのです。

では、どこで潮目が変わったのかですが、2つの要素があったのではないかと予想されます。1つはフィリピンにおいて、ノアコインを基軸通貨とした仮想通貨取引所が設立されたことです。国として仮想通貨の取引を推している国ですから、ノアコインを基軸通貨とする取引所ができるのは、プラス要素になってもいいでしょう。ノアコインの需要が嫌でも高まるので、価格上昇にもつながってきます。もう1つはニッポン・ペイとAmazonが、提携したことです。ニッポン・ペイとは決済システムを提供する会社になります。同社とノアコインは業務提携をしているので、間接的にAmazonとも提携した形になります。この2つはノアコインの需要を大きくする、大きな影響を持っていると言えるでしょう。

ノアコインは一時的に急騰をしました。
現在はおよそピーク時から、4割ほどの価格を上下している状況です。ファンダメンタル的な要素は、上であげた2つがポイントになります。ノアコインは怪しい仮想通貨である、とする人も多くいますので、このまま価格の上昇が続くとは限りません。ただ、急騰したといっても元値が元値だっただけに、上昇をしたといってもICO割れになっています。そのため、この要素だけをもってノアコインが優良な仮想通貨になったとは言えません。

2018年の夏になって、ノアコインの価格が急騰しました。その理由は、ノアコインを基軸通貨とした取引所がフィリピンに開設されることと、提携会社がAmazonとの提携を発表したことの2つです。ただし、値段が急騰したとしても、未だにICO割れをしていますから、慎重に取扱をすべきでしょう。

ノアコインの情報など、仮想通貨の情報を知りたい方は坂本よしたかメルマガへご登録お願いいたします。

最新情報を受け取る

坂本よしたかカテゴリの最新記事