プライベートチェーンとパブリックチェーンとの違い

プライベートチェーンとパブリックチェーンとの違い

こんにちは!坂本よしたかです。
仮想通貨に使われている技術の1つが、ブロックチェーンです。
大別すると、パブリックチェーンとプライベートチェーンの2つがあります。
この2つにはどのような違いがあるのか、しっかりと区別をつけておきましょう。

仮想通貨では取引をする際に、ブロックチェーンに情報を書き込むことで不正をしにくくなっています。
この処理の段階でネットワーク参加者全員が参加するのが、パブリックチェーンです。
反対に特定の管理団体のみが参加するのがプライベートチェーンになります。
仮想通貨のメリットの1つに中央管理者がいない分散型管理であることがあげられます。
しかし、プライベートチェーンでは敢えて管理団体をおくという形になるのです。
ちなみに管理団体が単独である場合をプライベート、管理団体を複数おくのがコンソーシアムと言います。
コンソーシアムでは仮に管理団体の1つが悪意を持って仮想通貨を使おうとしても、他の団体がそれを許しません。
つまり、プライベートとパブリックの中間位置的な存在です。

ある意味で仮想通貨の理念から外れた存在であるのが、プライベートチェーンになります。
プライベートチェーンでは管理団体の運用1つでブロックチェーンを公開にする、非公開にするなどを変えられるのです。
金融機関や企業などがそれぞれのプロジェクトに使うことが、有用だと言われています。
メリットとしては、プロトコルの変更が容易な点でしょう。
特定の管理団体が運営することになるので、ルールの変更などをかんたんに行えてしまうのです。
トランザクションを消去するだけではなく、アカウントの残高を変更するなどもできます。
企業が運営するプロジェクトでは、こうした変更点がメリットになってくると言えるのです。

他にも決済をするのにあたっての合意形成までの時間が、圧倒的に短くなるという点もあります。
特定の管理団体が指定する信頼性の高いノードが検証を行うことになるので、その人数も少なくて承認までの時間がかかりません。
またプライベートチェーンでは取引の記録そのものが見られないので、プライバシーの保護にも優れています。
仮想通貨ではブロックチェーンに記載された取引記録が閲覧できるので、誰がいつどこへいくら送金したのかすべてが公開される形です。
これに対して不安を感じるユーザーも多いのですが、プライベートチェーンでは起こりません。

パブリックチェーンとプライベートチェーンの違いを紹介しました。
最も大きな点が中央に管理団体を置くのがプライベート、置かないのがパブリックと覚えておくと良いでしょう。

仮想通貨の有力情報がほしい方は坂本よしたかのメルマガ登録へ!

坂本よしたかカテゴリの最新記事