坂本よしたか【初心者でもわかるウォレットとは】

坂本よしたか【初心者でもわかるウォレットとは】

坂本よしたかです。
仮想通貨の業界では専門用語が多く、意味がわからないというケースも少なくありません。ここでは仮想通貨を始めるのに知っておきたいウォレットについて説明をしていきましょう。ウォレットとは財布を意味する言葉ですが、仮想通貨の業界ではどのように使われているのか確認します。

仮想通貨は物理的には存在しないデータ上の通貨です。そのため財布に入れるという考えは意味がないように感じるかもしれませんが、単純に保管場所と覚えておくと間違いありません。基本的に仮想通貨を購入する取引所でもウォレットは用意されています。しかし日本国内だけではなく、海外の取引所でも同様に取引所はハッキングされる可能性があるのです。そのためより安全な場所に仮想通貨を保管する、これがウォレットになります。現実の通貨でも財布に保管するだけではなく、銀行に預けたり、金庫の中に入れたりと様々な方法を使います。それと同じで仮想通貨でもリスクを考える必要があるのです。

取引所のウォレットについてはリスクが高いことをお伝えしましたが、取引をするためにはある程度は保管しなくてはいけません。そのため取引をする分は取引所に、それ以外は別のウォレットに保管するのが基本となります。日本国内の取引所であれば、そうそう潰れることはないでしょうが、海外の小さな取引所は連絡もなしに倒産するケースもあるほどです。そのため売買する予定のない仮想通貨は別に保管しておくべきなのです。

では、別の保管場所にはなにがあるのでしょうか。大別するとウェブウォレットとソフトウォレットの2つです。ウェブウォレットとは、取引所と別にウォレットのみをサービスとして提供しているサイトにアカウント作ることで開設できます。ただ第三者が保有するサーバーにデータを送ることになるので、セキュリティとしては強くありません。そのためセキュリティに気を遣う人は、ソフトウォレットを使うのが一般的です。パソコンやスマートフォン、タブレットなどにウォレット機能を持ったソフトウェアをダウンロードして使います。アカウントに関する情報をサーバーに送ることなく、ソフトウェアで管理をしてくれますから、セキュリティは高くなるのです。しかしパソコンそのものをハッキングされたり、ウィルスを仕込まれるリスクがあるのは覚えておくと良いでしょう。

仮想通貨を保管する場所のことをウォレットと言います。このウォレットは、取引所以外にウェブウォレットやソフトウェアウォレットが一般的です。仮想通貨を保有する時はリスクを考慮すべきですから、特にこだわりがなければソフトウェアウォレットをお勧めします。

仮想通貨初心者の方は坂本よしたかのメルマガ登録へ

坂本よしたかカテゴリの最新記事