坂本よしたか【ビットコインが暴落した理由】

坂本よしたか【ビットコインが暴落した理由】

坂本よしたかです。仮想通貨の中でも最も多く流通しているのがビットコインです。
このビットコインですが、2018年に入って相場が急騰したり、暴落したりを繰り返しています。
もともと仮想通貨は歴史が浅く、相場そのものの動きが激しいことから投機の対象となっているほどです。
その中でもビットコインは比較的に安定していたのですが、どうして暴落したのでしょうか。

仮想通貨の価格が暴落してしまう原因は様々です。
しかし、2018年に入って起きたビットコインの暴落の理由としては、世界各国で規制の動きがでてきたからだと推測できます。
アジアでは中国や韓国を筆頭にして、仮想通貨の取引所が閉鎖されるなどのことがありました。
これは仮想通貨そのものが危険視されたのではなく、自国の通貨が流出してしまうのを懸念したとの見方があります。
つまり政情的に不安を感じる人が多く、人民元などを、仮想通貨を通して米ドルなどに交換するといった動きです。
こうした動きを警戒した結果、規制の動きに入ったと考えられています。

仮想通貨はそうした国家の思惑を超えた部分がある自由な通貨であるだけに、世界的に見てもその動きは統一されていません。
例えばヨーロッパでは、ドイツが世界規模で仮想通貨は規制すべきだという声明を発表しています。
一方で日本国内では麻生財務大臣が、なんでもかんでも規制をすればいいものではないという言葉を発しているのです。
また、アメリカでは規制をするのではなく、より厳格に仮想通貨を扱うことで、現状よりも幅広い役割を持たせられるのではという動きが見られています。
前者のように仮想通貨が規制されるなど、ネガティブな要因が大きくなれば相場は暴落して当然です。
反対に仮想通貨に対してポジティブな動きがあれば、価格が急騰します。
最初に述べたように仮想通貨の代表的なものがビットコインだけに、他のアルトコインよりも大きな影響を受けてしまうのでしょう。

他にもビットコインの価格が暴落する原因としては、取引所に出されたネガティブなニュースも多いです。
日本国内でも取引所がハッキングをされて仮想通貨が流出したことでニュースになりました。
ビットコインを初めとして仮想通貨そのものが悪いわけではありませんが、それを取扱する取引所に問題があるのも事実です。
業務改善命令が出るということも少なくありません。
これはまだ仮想通貨という市場そのものが若く、歴史が浅いものだけに株式投資のようなルール作りができていないからです。
流通量の多い取引所がその機能を停止してしまえば、取引そのものができなくなるので暴落の原因ともなります。

ビットコインが暴落した理由を紹介しましたが、はっきりとこれが原因だとは特定できていません。
ただ相場というのは様々なことが原因となって価格が上下していくものですので、ビットコインの投資をしているのなら市場は注目しておくべきでしょう。

さらなるビットコインの行く末を知りたい方は坂本よしたかのメルマガ登録へ

坂本よしたかオススメ記事カテゴリの最新記事