坂本よしたか【仮想通貨セキュリティ問題】

坂本よしたか【仮想通貨セキュリティ問題】

坂本よしたかです。
仮想通貨は危険なものであるとする、ネガティブなイメージを抱く人は少なくありません。
それは仮想通貨に対するネガティブなニュースが、大々的に報じられたことが原因でしょう。
しかし、このイメージには大きな勘違いが含まれています。
ここでは仮想通貨におけるセキュリティの問題を考えてみましょう。

最初に多くの人が勘違いをしている部分を指摘します。
仮想通貨のネガティブなニュースですが、実は仮想通貨そのものは悪いものではありません。
取引所がセキュリティを疎かにしていたことが、大きな理由なのです。
仮想通貨のシステムはブロックチェーンといって特定の団体が管理しているものではありません。
参加者全員がインターネットを通して少しずつ共有していることになるので、ハッキングなどは事実上不可能なのです。
結果ハッカーが狙うのは仮想通貨そのものではなく、それを取り扱う取引所になります。
現実のお金で例えるのなら取引所は銀行のようなものです。
この銀行が強盗に襲われたのが、ネガティブなニュースになります。
つまり仮想通貨そのものに瑕疵があったのではなく、それを扱う側で問題があったという形です。
こうした被害を完全に防ぐのはユーザー自身もセキュリティに対して意識を高く持つしかありません。

まず仮想通貨のセキュリティを高めるのなら、ウォレットを利用するのが正解です。
取引所でもウォレットの扱いはありますが、先ほどお伝えした通りにセキュリティに問題がないとは言えません。
そのため専用のウォレット、できればインターネットから隔離されたコールドウォレットを利用すると良いでしょう。
インターネットに接続されていないのであれば、ハッキングされる可能性はありません。

ちなみに仮想通貨そのものセキュリティにも、焦点をあてます。
一般的に仮想通貨では、公開鍵暗号方式のセキュリティです。
仮想通貨を送金する場合に、受け取る側が暗号化するためのパスワードを送る側に提示します。
送る側はそのパスワードを使って、暗号化してから送金をするのです。
受け取り側は送られてきた仮想通貨の暗号を、別のパスワードを使って復元して使うという仕組みになっています。
そのためネットワーク上で公開されるパスワードが盗まれたとしても、暗号を復元できないので意味がありません。
この点が仮想通貨のセキュリティが高いとされる理由です。

仮想通貨のセキュリティ問題について考えてみました。
現状では、仮想通貨そのものが盗まれてしまうことはありません。
しかしそれを扱う側から盗まれるのが現状ですので、投資をする方もセキュリティに意識をさかなくてはいけないのです。

セキュリティ問題について知ることは非常に大切です。坂本よしたかのメルマガ登録はこちら

坂本よしたかカテゴリの最新記事