坂本よしたか【最近話題の51%攻撃とは?】

坂本よしたか【最近話題の51%攻撃とは?】

坂本よしたかです。仮想通貨の世界で話題となっているのが、51%攻撃と呼ばれるものでしょう。
これから仮想塚の取引を始めようと考えているのなら、しっかりとこのワードについても理解をしておく必要があります。
ここでは51%攻撃の基本的なことから確認をしていきましょう。

そもそも51%攻撃とは、なんのことを指すのでしょうか。
仮想通貨にはマイニングと呼ばれる行為があります。
マイニングとは仮想通貨の取引をする上で、2重払いや不正行為を防ぐために行われるものです。
仮想通貨は中央集権型ではなく、分散型であるため取引かかる処理を運営会社がすべて行うのは無理があります。
そのためパソコンを使って処理をする協力者を募っているのです。
処理を手伝うことによって、その報酬に仮想通貨が支払われます。
仮想通貨の取扱が始まった当初では個人でマイニングを行って稼いでいた人もいました。
しかし、仮想通貨の流通量が増えた現在では個人でマイニングを行うのはかなり難しいと言えるでしょう。
このマイニングを、悪意をもって行ってネットワーク全体の速度を51%以上支配することで、不正取引を行うのを51%攻撃と呼んでいます。

では実際に51%攻撃が行われれば、どのような被害がでるのでしょうか。
重荷は不正取引を正当な取引に見せることができる、正当な取引を勝手に拒否できる、マイニングで得られる利益を独占できるなどのことがあります。
どの仮想通貨であっても51%攻撃が成功すれば、安全性を確保できていないとのことから、価値が下がってしまうのです。
しかし実際に51%攻撃を行うとしても、膨大なコストがかかるとされています。
そのため個人で行うのは不可能であると言って良いでしょう。
しかし複数のマイニンググループなどが、手を結ぶことで可能になるとも考えられています。

現時点では、この51%攻撃が行われた場合の対策はありません。
ですが51%攻撃を行うことによるメリットとデメリットを勘案すると、デメリットの方が大きいとされています。
お伝えしたように、膨大なコストをかけてまで取引に不正ができるようになったとしましょう。
その反面で51%攻撃があったとわかれば、その仮想通貨の価値は急落してしまうので不正取引をするにしてもコストを上回れるとは考えにくいのです。
つまり理論上としては可能であるけれども、それに見合うメリットがないとなります。

最近仮想通貨の世界で話題になっている51%攻撃ですが、端的にお伝えするとマイニングで過半数を占めてしまう方法です。
悪意を持った個人やグループが行うと、その仮想通貨の取引はめちゃくちゃにされてしまうでしょう。
しかしそれを行うために支払うコストを考えれば、メリットがないので行われないと考えられています。

坂本よしたかメルマガ登録をお願いいたします。

坂本よしたかカテゴリの最新記事