坂本よしたか【Hitbtc日本人除外】

坂本よしたか【Hitbtc日本人除外】

坂本よしたかです。

海外の仮想通貨取引所では国内取引所で売買できないコインの取り扱いも多く、日本人の利用も少なくありません。しかし人気のある取引所の一つHitbtcでは、日本人に対する利用規制が発表されたため注意が必要です。

Hitbtcでの日本人に対する利用制限について、当初はただの噂、取引所を騙るフィッシング詐欺とも言われていました。しかし、公式に発表があり一時的に日本人の利用が制限されることが事実とわかりました。
ここで注意したいのは国籍による排除ではなく、居住地による利用制限ということです。
利用が制限されるのは日本国内に居住している利用者で、日本人でも国外に居住していれば引き続き利用は可能です。
期限内に日本国外に居住していると証明する書類を提出すれば、全く問題はありません。
とはいえ多くの人が日本国内に居住していることを考えれば、今回の措置による影響は大きいでしょう。

日本人を除外する今回のHitbtcの動きは、日本の金融庁からの圧力によるものと言われています。
国内の業者には金融庁の規制が及びますが海外の場合は規制できず、結果的に日本人投資家の不利益になることもあります。
Hitbtcでは、日本の規制に沿う内容で改めて日本進出を検討しているということです。
取引中止、日本人不可ではなく表面的には一時的なサービス停止としているのはそのためでしょう。
しかし以前に日本進出を断念した海外取引所があることから、現実問題として許可されるのは難しいと思われます。

日本居住者を除外する動きは他の海外取引所でも進んでおり、利用者は早急な自己防衛策が必要です。
海外取引所でしか売買できないコインは多いものの、規制がかかって取引不可となれば資産を全て失う可能性もあります。
事前の通知はあるものの猶予期間はそれほど長くなく、メールなどを見落として出金できなくなる例も多数あるようです。
また日本語対応のサイトでも、通知は英語のみという場合が少なくありません。
言語の問題や規制による取引の中止などは、海外取引所を利用するうえで避けて通れない問題でしょう。
リスク管理の一つとして、口座を開設している取引所の最新情報には十分に注意しておいてください。

仮想通貨は国を超えて利用、取引できるものですが居住地や取引所の所在地の法律や規制が適用されます。
政府の対応や取引所の動向については幅広く情報収集し、必要なニュースを見落とさないことが重要です。

仮想通貨の最新。最速情報は坂本よしたかもメルマガでゲット!

坂本よしたかオススメ記事カテゴリの最新記事