坂本よしたか情報 昨日仮想通貨が下落した理由

坂本よしたか情報 昨日仮想通貨が下落した理由

こんにちは!
坂本よしたかです。

昨日6月11日ビットコイン、イーサリアム、リップルと主要コインすべてが値を下げてきたことで不安に思っている方もたくさんいるのではないでしょうか?

特にご自身であまり情報網がない方だとなんか知らないけど値段が下がった!売ったほうが良いのかな?といわれる方もいらっしゃいます。

しかし、仮想通貨はご存知の通り値の上がり下がりが普通にあるのものなので、必要なことはなぜ下がったのか原因を知ることです。

ではなぜ下がったのか坂本よしたかが情報を整理しましょう!

仮想通貨大暴落の原因といわれるものは大きく分けて二つあります。

それは仮想通貨の各国の規制とハッキングです。

記憶に新しいコインチェックの事件でも仮想通貨は大きく値を下げました。
また仮想通貨の広告規制やICO規制にも投資家すごく敏感に反応しています。

実は10日であることが起きました。
それは韓国のコインレールがサイバー攻撃をうけ400億ウォン(日本円に直すと40億円)もの仮想通貨が流出したのです。

ちなみにコインチェックは被害額580億円ですのでそれと比べれば大した額ではありません。
しかし、韓国の被害としてはこれが最大の被害です。

コインレールは韓国では7番目の取引所ですが、仮想通貨市場から見れば非常に小さい市場ではあります。

投資家からすると仮想通貨のセキュリティはまだまだ完ぺきとは言えないところも多く、現状こういったニュースによって、投資家の心境に大きな影響を与えてしまいます。

ちなみにこれが仮想通貨市場にどれくらいの影響を与えているかというと坂本よしたかが調べたところなんと460億ドル(日本円にして約5兆500億円)相当の価値がなくなってしまったといわれています。

日本の皆さんからすると韓国の知らない取引所の話と思うかもしれませんが、少しの被害が出ただけでこれほどまでに大きな影響を受ける事態に仮想通貨はあるのです。

ハッキングの情報を事前につかむためには、あなたが犯人ではない限り無理です笑
しかし、事前にどの取引所がどうして危ないのか。どういう規制が海外でありそうなのか?などは最低限手に入れられる情報網を気づき上げなければ仮想通貨には絶対手を出さないほうが良いと思います。

もし、まだ情報網は確立していないが、これから伸びること間違いない仮想通貨市場に進出していくなら坂本よしたかメルマガにご登録ください。

常に最新の情報を差し上げますよ!

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

坂本よしたかオススメ記事カテゴリの最新記事