GACKTが広告塔に立つ仮想通貨SPINDLE(スピンドル)まとめ

GACKTが広告塔に立つ仮想通貨SPINDLE(スピンドル)まとめ

【GACKTが広告塔に立つ仮想通貨SPINDLE(スピンドル)まとめ】

坂本よしたかです。今回日本発のICOスピンドルについてまとめました。

昨年末からクラウドセールが始まったスピンドルですが、その人気沸騰の秘密について徹底解説します。

スピンドルが話題性があるのには何と言ってもGACKTの存在でしょう。

彼が表舞台でビジネス前面に推して仮想通貨事業に参入したことは中々の決断がいったに違いありません。

GACKT自身のブランディングを提げての広告塔に立っているコインですから本人が爆上げを期待していないはずがない、と思うわけです。

というのもあなたがGACKTの立場に立った際の気持ちを考えて見てください。自身を売りにしている芸能人。

それもハイクラスな世界観と財力をブランディングして形成しているGACKTです。

その自分というブランドを前面にスピンドルの広告に使おうを動いているわけですから、相当な自信が伺えますよね。

そういった意味からも、私は芸能人のトップクラス(最上流)に立つ彼が捉えたスピンドルは注目しております。

スピンドルの用途は、個人投資家が自由に世界中の仮想通貨ヘッジファンドと取引できるようマッチングすることです。

ヘッジファンドとは顧客から資産を預って分散投資・運用する投資会社のこと。

ロイター通信によれば、2017年10月までに100以上のこういった仮想通貨ヘッジファンドが誕生し、2017年は週に2本のスピードで誕生したそうです。

そこでSPINDLEはこの仮想通貨ヘッジファンドに対する個人投資がまだまだ開拓されていないことを背景に、スタートしました。

SPINDLEコインはSPDという単位で取引されます。

SPD利用者はICO後、SPAというプラットフォームを通じて、SPDを使って仮想通貨ヘッジファンドに投資ができるようになります。

SPAは、仮想通貨ヘッジファンドをはじめとする様々な投資商品にSPD建てで投資できるプラットフォームのことです。

現在、PC版やスマホアプリなどでのサービスが想定されています。

運用開始の初期段階では、5〜10ほどの仮想通貨ヘッジファンドがSPINDLEによって紹介される予定らしいです。

その後、少しずつ投資商品を増やしていく計画や、仮想通貨ウォレットとしてSPAが使用できるようになる体制なども検討されています。

SPINDLEのICOは2018年5月。もう直ぐですね。

取引所でSPINDLEが購入できるようになります。

ICOで買えなかった方は上場直後に上がって一瞬落ちたタイミングで持つのはありかもしれません。

ICOと同時にプレセールでトークンを購入していた人のウォレットにSPDが付与され、同時にSPA(SPINDLEサービスアプリケーション)もβ版がローンチする見込みのようです。

ICO直後にローンチされるサービスアプリのSPAは、SPD保有者は手数料0円です。

SPINDLEでは代わりに、ヘッジファンドから毎年12月にSPAを通じ取扱った総資産の内年間1%を徴収するものとしています。

例えばあるヘッジファンドでSPA上で年間1億円の取り扱いがあれば100万円、という具合になりますね。

スピンドルで発表されているロードマップは次の通りです。

2017年10月 プライベートプレセール開始
2017年12月 WEBサイト・ホワイトペーパー公開
2018年1月 プライベートプレセール終了(国内)
2018年4月 全世界向けクラウドセール開始
2018年5月以降 仮想通貨取引所上場(ICO)、SPA β版ローンチ

ロードマップもしっかりしていて目が離せないですね!
プライベートプレセールでスピンドル購入された方おめでとうございます!

今回の記事は以上になります。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

最新情報カテゴリの最新記事