仮想通貨を保管するウォレットとは?

仮想通貨の難しく聞こえる言葉も、坂本よしたかが解説いたします。

仮想通貨の保管に必要なウォレットとは?どんな種類があるのか

現金を財布に入れて保管するように、仮想通貨もウォレットによって保管することができます。

ウォレットと言うと難しく聞こえるかもしれませんが、簡単に言えば仮想通貨の財布です。
現金には財布や金庫、口座など複数の保管場所があるように、仮想通貨のウォレットと言っても複数種類があります。

ウォレットの種類は大きく分けてコールドウォレットホットウォレットの2種類があります。

ホットウォレットはネットに繋がっている状態で保管するウォレットであり、コールドウォレットはネットに繋がっていない状態で保管するウォレットです。

今回はウォレットについて書いていきます。

【ホットウォレット】
上記でも書いた通り、ホットウォレットはネットに繋がっているオンラインの状態で保管するウォレットです。

ホットウォレットの種類としては、
・PC上で保管するデスクトップウォレット
・スマホやタブレットで保管するモバイルウォレット
・ネット上で保管するウェブウォレット

の3種類があり、中でもモバイルウォレットがスマホで持ち運びができるため、手軽で最も人気です。

しかし、ネットに繋がっている、ということはハッキングされて保有している通貨を盗まれる可能性があります。

坂本よしたかの周りでも話題の事件になったCoincheckの仮想通貨『NEM』流出事件は、Coincheck社が顧客の仮想通貨をすべてホットウォレットに保管していたことが原因の一つです。

幸い盗まれたのはNEMのみだったようですが、Coincheckで購入することができる仮想通貨すべてをホットウォレットに保管していたわけですから、全ての仮想通貨が盗まれてもおかしくありません。

そのため、多額の仮想通貨を保管する場合には坂本よしたかとしてはホットウォレットはおすすめできません
ホットウォレットを使用するのであれば、支払いなどの理由がない限りは基本的に使用しないようにするか、盗まれても差し支えない程度の額を置くようにしましょう。

【コールドウォレット】
コールドウォレットはホットウォレットとは真逆で、ネットにつながっていないオフラインの状態で仮想通貨を保管するウォレットです。

ネットに繋がっていないため、ハッキングされる可能性はありません。
なので、安全性はかなり高いです。

コールドウォレットの種類としては、
・紙にアドレスや秘密鍵を印刷して保管するペーパーウォレット
・USBなどのハードウェアに保管するハードウェアウォレット

の2種類があります。

ペーパーウォレットは仮想通貨を受け取るためのアドレス、わかりやすく言うと口座のようなものと、秘密鍵と言われる暗証番号のようなものを紙に印刷します。

紙に印刷しているわけですからハッキングは100%不可能です。
しかし、インクが滲んだり印刷した紙をなくしたり、秘密鍵を誰かにスマホで読み込まれてしまうとペーパーウォレットに保管していた通貨を失ってしまう可能性が在ります。

また、ハードウェアウォレットは秘密鍵をハードウェアに保管し、送金や入金をする際にはPCにつないで行います。

「仮想通貨の入出金は頻繁に使うけどセキュリティが高いものが良い」という方は、ペーパウォレットではなくハードウェアウォレットが良いですね。

しかし、ハードウェアウォレットもハードウェア自体の故障によって保管していた仮想通貨を失ってしまったり、正規代理店以外で購入すると仮想通貨を盗まれる危険性があります。

短期保有・少額の送入金はホットウォレット、長期・多額保有はコールドウォレット

仮想通貨を安全に保有、使用していく上でホットウォレットとコールドウォレットを使い分ける要することが最も良いです。

ホットウォレットは手軽で便利ですが、盗まれる可能性があります。

なので、支払いなどの理由がない限りは基本的に使用しないか、盗まれても差し支えない程度の額を置くようにしましょう。

また、コールドウォレットはセキュリティの面ではかなり安全ですが、利便性で言えばホットウォレットのほうがはるかに上です。

なので、長期・多額保有する場合はコールドウォレットで保管するよう坂本よしたかはおすすめします。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

仮想通貨のリスクカテゴリの最新記事