仮想通貨におけるトークンとは?

仮想通貨におけるトークンとは?

こんにちは! 坂本 よしたか です。
仮想通貨における『トークン』について理解していますか?

仮想通貨を始めると『トークン』言葉を目にするようになりますが、「いまいちピンとこない」という人は意外と多いのではないでしょうか。そこで今回は『トークン』について坂本よしたかが解説します。

トークンとは日本語にすると、しるしや証拠品、代用紙幣という意味になります。

仮想通貨自体が代用紙幣みたいなもののため、明確に仮想通貨とトークンを分けることはできませんから、仮想通貨におけるトークンという言葉についてきちんとした定義はありません。

ですが、既存のブロックチェーンの技術を用いて作成された仮想通貨であり、発行者がいて発行枚数を操作できる仮想通貨のことをトークンと呼ぶことが多いです。

・トークンの特徴とは
トークンは発行者が存在していて、発行枚数を操作できるわけですから、この点では株とある意味同じです。

発行している企業の業績が上がるほど、株もトークンも価値が高まるため価格が上昇します。
また、トークンを保有していることでさらにトークンが貰える、という株で言う配当のようなトークンもあるため、この点に関しても株と同じです。

仮想通貨とトークンの違いは発行枚数が操作できるかできないか、通貨自体に特徴的な機能があるかどうかなどが挙げられます。

仮想通貨は発行枚数があらかじめ決まっていますが、トークンは発行者によって自由にできます。
また、仮想通貨はそれぞれある分野に特化した機能がありますが、トークンにはありません。

・トークンを購入するには
トークンは仮想通貨の取引所で購入することができます。

日本でトークンを取り扱っている取引所は今現在ではZaifのみで、他の取引所では扱っていないようです。

Zaifではザイフ(ZAIF)、カウンターパーティ(XCP)、ビットクリスタル(BCY)、ストレージコインエックス(SJCX)、フィスココイン(FSCC)、ペペキャッシュ(Pwpwcash)、カイカコイン(CICC)、ネックスコイン(NCXC)、コムサ(COMSA)の9種類のトークンを取り扱っています。

仮想通貨と同じようにZaifで口座を開設して入金すれば、トークンを購入することができます。

・坂本よしたかのまとめ
///トークンは日本語にすると代用紙幣などの意味がありますが、仮想通貨自体がだいたい紙幣みたいなもののため、トークンがどういうものなのかという明確な定義はありません。

ですが、既存のブロックチェーンの技術を用いて作成された仮想通貨であり、発行者がいて発行枚数を操作できる仮想通貨のことをトークンと呼ぶことが多いです。

///トークンの特徴としては、発行者が存在し発行枚数が操作できることや仮想通貨と違い通貨自体に特徴的な機能はないことが挙げられます。

//トークンを購入できるのは日本の取引所では、今のところZaifのみです。
仮想通貨と同じように、口座を開設して入金すればトークンを購入することができます。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

仮想通貨の基礎知識カテゴリの最新記事