仮想通貨に必須なシステム「スマートコントラクト」とは

仮想通貨に必須なシステム「スマートコントラクト」とは

坂本よしたか です。
仮想通貨を始める前に必ず押さえてほしいシステムがあります。

これは坂本よしたかだけでなく、仮想通貨に関わる全ての人が共通していうことでしょう。

それは「スマートコントラクト」です。

・スマートコントラクトってなにという人もいるのでご説明いたします。
仮想通貨を勉強してみると、スマートコントラクトという言葉を必ず目にするようになります。

そのくらいスマートコントラクトは仮想通貨を機能させるうえでとても重要なシステムです。
スマートコントラクトは日本語にすると賢い契約という意味になります。

スマートコントラクトによって契約することで、第三者を必要とせずに自動で契約が執行され、不正の防止にもつながります。

今回はスマートコントラクトについて書いていきます。

・スマートコントラクトで「賢い契約」
例えば『Aさんが100円を坂本よしたかに払って、坂本よしたかはAさんにジュースを渡す』とします。

しかしAさんが偽物のお金を坂本よしたかに渡したり、坂本よしたかがお金だけもらってジュースは渡さなかったり、ということになっては困りますよね。

そこで契約書を作って強制力を持たせます。
契約書を作成して、署名をしたり保証人を立てたりします。さらに第三者機関を入れて契約の強制力をより強固なものにします。

この第三者を入れて契約書を作成するのが、通常の契約です。

しかし、スマートコントラクトは第三者を必要としません。
スマートコントラクトの場合、AさんBさんの取引の契約をブロックチェーンに書き込まれます。

ブロックチェーンは改ざんなどの不正を防ぐことができるため、契約をごまかすことはできません。

ブロックチェーンによって、第三者を必要とせずに契約書を勝手に作って履行までやってくれる、というのがスマートコントラクトというわけです。

・結局スマートコントラクトの何が良いのか
ここまで説明してきて、結局スマートコントラクトの何が良いのか。

それは、第三者を必要としないこと。不正が困難なことです。

スマートコントラクトはブロックチェーン上で動きます。
ブロックチェーン自体が中央管理者を必要としませんから、スムーズに契約が執行され機能するわけです。

また、ブロックチェーンは改ざんなどの不正が極めて不可能なシステムですから、契約も改ざんが不可能になります。

そのため、安心できるスマートコントラクトは安心できるシステムということがわかります。

仮想通貨が世界で浸透する、ということはスマートコントラクトが浸透していく、ということになりますから、世の中の仲介業者はなくなってしまう可能性も大いに考えられますね。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

絶対に知っておくべきことカテゴリの最新記事