仮想通貨のリスクとは?本当に危ないのか?

仮想通貨のリスクとは?本当に危ないのか?

こんにちは!坂本よしたかです。

坂本よしたかのコミュニティでもまず、まず質問されることはリスクについてが多いです。
そこで坂本よしたかの仮想通貨サイト第一弾として、リスクについてお話したいと思います。

【仮想通貨は危ない?】

仮想通貨に対して、「怪しい」「危ない」というイメージを持っている人も少なくありません。

仮想通貨が盗まれたり取引所が破綻したりしたことで、仮想通貨の知名度は一気に上昇しましたが、それと同時に悪いイメージが定着してしまいました。

しかし、一方で仮想通貨の将来性に対する期待によって、価格が上昇し盛り上がりを見せているのも事実です。

仮想通貨は本当に危険なのでしょうか?

【盗まれる可能性がある】
仮想通貨はすべて盗まれる危険性があります。
実際、坂本よしたかの知り合いでもトラブルに見舞われた方もいらっしゃいます。

2014年に起きたマウントゴックス事件では、マウントゴックスの社長がビットコインを横領したことで会社が破綻しました。
この事件によってビットコインの知名度は悪い意味で高まり、「ビットコイン=危ない」というイメージが定着してしまったわけです。

また、最近では日本の取引所であるCoincheckが不正アクセスにより、580億円相当の仮想通貨『NEM』が盗まれてしまいました。

仮想通貨はあくまでもコンピューター上のデータですから、ハッキングされたら当然盗まれてしまいます。

「やっぱ仮想通貨って危ないじゃん!」と思う人もいるかもしれませんが、あなたがお金を預けている銀行は安全なのでしょうか。

あなたが銀行に預けたお金は銀行にあるわけではなく、あなたのお金を坂本よしたかのような起業家に融資したり、運用したりしているのです。

また、あなたのお金を預けている銀行の通帳に記載されている金額はただのデータでしかありません。

そのため、銀行にお金を預けているすべての人が預金を引き出そうとしても、銀行には実際に多額のお金を保有しているわけではありませんから、取り付け騒ぎのような事態が起こるわけです。

また、銀行のサーバーがハッキングされたら、あなたの通帳に記載されているお金はなくなることでしょう。

盗まれないためには、ネットに繋がっていないオフラインの状態で仮想通貨を保管しておくことができる、ハードウェアウォレットやペーパーウォレットが良いでしょう。

しかしハードウェアウォレットはハードウェア自体の故障リスクがあります。
また、ペーパーウォレットはインクがにじみ、紙の劣化によって、アドレスとして認識できなくなるリスクがありますから、注意が必要です。

【価格が暴落し、大損する可能性がある】
仮想通貨は株やFXのように価格が上下して変動します。

しかし、株やFX以上に変動が激しく、かなりの損益がでます。

そのため、仮想通貨はハイリスクハイリターンであると言えます。

仮想通貨を購入する額が多ければ多いほど、上がればかなり儲けることができますし、逆に下がれば大損してしまいます。

なので貯金をすべて仮想通貨に注ぎこんだり、給料の全額を仮想通貨に使ったりすると、四六時中仮想通貨の価格が気になってしまい、精神的に良くありません。

仮想通貨を投資目的で購入するのであれば、損しても困らない程度の余剰資金で購入するのが良いでしょう。

また、投資を行う際には分散して投資することでリスクを減らすことができます。

一つの通貨に投資して、もし暴落してしまったら大損してしまいますが、複数の通貨に分散して投資していれば、一つの通貨が暴落してしまっても他の通貨が暴落していなければ大きく損することはありません。

【詐欺案件によって騙される可能性がある】
仮想通貨のほとんどは詐欺と言われており、高額な利率を謳うHYIP(ハイプ)や仮想通貨を利用した資金調達を行うICO(イニシャルコインオファリング)などが挙げられます。

・HYIP(High Yield Investment Program)
ハイプは日本語にすると高収益投資プログラムです。

ハイプは日本では考えられないほどの利率が高いです。
日利数%だったり、中には1時間で数%だったりという案件もあるようです。

こんな案件を見つけてしまうと思わず目がくらんでしまいそうですが、残念ながら利率が高い案件の9割以上は詐欺ですから、騙されないように注意する必要があります。

・ICO(Inicial Coin Offering)
ICOが企業で独自の仮想通貨を発行し、それを投資家たちに購入してもらい資金調達を行います。

ICOに対する規制もまだ大したものはなく、ICOによって少なからず損した投資家も多いのではないでしょうか。

ICOの詐欺の事例としては、実施しないプロジェクトを本当にあるように見せたり、実際には価値がない仮想通貨を価値があるように見せることで、資金調達を行うscamや、ビットコインやイーサリアムのサイトを装い、偽のアドレスに仮想通貨を送金させるという詐欺があります。

ICOによる詐欺は手口を知っておけば、ある程度回避することが可能です。

もちろん優良なICOもありますが、現在上場しておりメジャーである仮想通貨に比べて、ICOはハイリスクですから、初心者は投資しないほうが無難です。

【仮想通貨を使用・保有する上でのリスク】
仮想通貨のリスクとして、
・盗まれてしまう可能性がある
・価値が暴落して大損する可能性がある
・詐欺案件によって騙される可能性がある
の3点を挙げました。

仮想通貨は投資・投機の対象となっているのが現状ですし、これらの点においては危険であることは確かです。

また、株やFXより手軽に購入できますし、うまくいけばかなり儲けることも可能ですが、その分損をすれば大損してしまう可能性も十分にあります。

仮想通貨に投資するのであれば、なくなっても生活が困らない程度の余剰資金で投資するようにしましょう。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

仮想通貨のリスクカテゴリの最新記事