仮想通貨取引所バイナンスに金融庁が警告

仮想通貨取引所バイナンスに金融庁が警告

先日のこのニュースご覧になりましたか?大手の中国の世界最大の取引所のバイナンスに3月23日、日本の金融庁が無登録営業で警告を出したとのこと。今回はその内容について判りやすく坂本よしたかが解説します。

金融庁へ登録業者及び
申請書提出をしている企業一覧はこちら

・金融庁の警告内容
発表によると金融庁は「Binance」を“無登録で仮想通貨交換業を行う者”とし、インターネットを通じて日本居住者を相手に仮想通貨交換業を行っていたことに対して警告。仮想通貨交換業は内閣総理大臣の登録を受けなければ行えないがバイナンスは無登録のまま日本で営業していたということ。

・日経での報道
日経新聞でも取り上げられていた。金融庁は未登録業者としてバイナンスを警戒しているよう。営業をやめなければ、警察当局などと連携して刑事告発する。無登録業者の監視により違法行為を摘発し、仮想通貨の健全な取引環境を整える狙いだとまで掲載されている。

だが多くの利用者はバイナンスを信用獲得しているのが事実だ。

・バイナンス側の日経の報道に対する反論。TwitterにてCEOチャオ氏は語る

CZ (not giving crypto away)
✔@cz_binance
Nikkei showed irresponsible journalism. We are in constructive dialogs with Japan FSA, and have not received any mandates. It does not make sense for JFSA to tell a newspaper before telling us, while we have an active dialog going on with them.
(日経は無責任な報道をした、私たちは日本の金融庁と建設的な対話もしていないし、いかなる命令も受けていない。金融庁が私たちに話す前に新聞にリークするのはおかしいでしょう)

・日経掲載翌日にチャオ氏に変化が
Twitter上で金融庁から通知を受けたと報告した。

そのTwitterの内容

CZ (not giving crypto away)@cz_binance
We received a simple letter from JFSA about an hour ago. Our lawyers called JFSA immediately, and will find a solution. Protecting user interests is our top priority.
(私たちは約1時間前に日本の金融庁から手紙を受け取りました。
私たちの弁護士がただちに金融庁と電話をし(呼ばれた?)、解決策を見つけるでしょう。
ユーザーの保護が、私たちの最優先事項です。)

・その後のTweetにて

CZ (not giving crypto away)
✔@cz_binance
No need to worry. Some negative news often turn out to be positive in the long term. Chinese have a proverb for this. New (often better) opportunities always emerge during times of change.
“心配することはありません。こういったいくつかのネガティブなニュースは、長期的にみるとプラスになることがよくあるからです。”

かなり心強い内容ですね。

・まとめ
坂本よしたかの見解としては、
今回の報道はさほど気にする内容ではないと思っています。

というのも金融庁がバイナンスにどうのこうの言ったとしても
管轄権もないので営業の定義が曖昧すぎるというところが言及点かなと。

ただ域外適用として資金決算法に抵触して告発はできないこともないと思います。

ただ条約や関係性の癒着もありますので恐らくですが中国での実質的執行まではいかないと思います。

裏の思考で言えば日本上陸が難しくなったとでも言えるのではないでしょうか。

今回の記事は以上になります。
今後とも坂本よしたかをよろしくお願いします。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

最新情報カテゴリの最新記事