仮想通貨のハードフォークって何?

仮想通貨のハードフォークって何?

こんにちは!坂本よしたかです。今日も坂本よしたかのサイトで仮想通貨について学んでいきましょう!

・仮想通貨におけるフォークとは
仮想通貨に関心があれば、「ハードフォーク」や「ソフトフォーク」という言葉を少なからず、一度は耳にしたことがあるはずです。

フォークとは分岐のことであり、仮想通貨が機能する基盤のシステムであるブロックチェーンが分岐することにより、その仮想通貨とは別の新たな仮想通貨が誕生します。

フォークにはハードフォークとソフトフォークの2種類があります。
ハードフォークは元の仮想通貨から分裂し、全く別の仮想通貨として誕生します。
ソフトフォークは仮想通貨の仕様を変更するのみで、分裂するわけではありません。

厳密にいえば、仮想通貨が機能している基盤のシステムであるブロックチェーンが分裂するかしないかの違いです。

なぜこんなことをする必要があるのでしょうか。

・なぜハードフォークするのか
フォークするのにはきちんとした理由があります。
例えばビットコインであれば、スケーラビリティ問題があります。

ビットコインは知名度がぐんぐん上がり、利用する人も増えてきました。

それによって自然と取引の処理に時間がかかってしまうようになり、手数料が高くなり着金するまでに時間がかかるようになってしまいました。

こうした問題をスケーラビリティ問題と言います。

スケーラビリティ問題を解決するため、ブロックチェーンに入れるデータを縮小させるセグウィットかブロック自体の容量を大きくするかの2択が挙げられます。

しかし、セグウィットにより取引のデータを軽くしてしまうと、マイナーにとってはマイナスな部分が多いため支持を得られず、セグウィットができた事例はほとんどありません。

そのため、ほとんどはブロック自体を大きくすることになり、その結果ハードフォークするということがたびたび起こっています。

ビットコインからハードフォークした仮想通貨はビット筋キャッシュをはじめ、ビットコインゴールドやビットコインダイヤモンドなど、現段階で10種類近くの仮想通貨が誕生しています。

・ハードフォークによるメリットとデメリット
///メリット
ハードフォークする理由は何かしらの問題が元の仮想通貨にあるわけですから、ハードフォークすることで問題を解決し、元の仮想通貨より優れたものができます。

また、ハードフォークした際に元の通貨を持っていれば、取引所によってはハードフォークにより誕生した通貨がもらえる場合もあります。

\\\デメリット

ハードフォークは仮想通貨の問題を解決する手段のひとつであるわけですが、問題が生じる度にハードフォークするというわけにもいきません。

問題が見つかる度ハードフォークをしまくっていたら、「簡単にできるもの」と仮想通貨が薄っぺらいイメージを持たれてしまい、仮想通貨の信頼が失われてしまいます。

また、ハードフォークにより大きく価格が変動したことや、ブロックチェーンの作成が遅れて染むことにより、取引にも遅れが生じてしまう場合もあります。

・坂本よしたかのまとめ
///仮想通貨のフォークは2種類あり、元の仮想通貨から分裂して新たな仮想通貨として誕生するハードフォークと、仮想通貨の仕様のみを変更するソフトフォークがあります。

///ハードフォークする理由は仮想通貨の基盤のシステムであるブロックチェーンの問題解決です。ビットコインであれば送金詰まりや手数料の価格上昇などのスケーラビリティ問題を解決するため、ハードフォークが度々行われています。

///ハードフォークのメリットとして、ブロックチェーンにおける問題を解決することができることやハードフォークにより誕生した新しい仮想通貨は、元の通貨よりも優れているため将来性があること。
また、ハードフォークした際に元の通貨を持っていれば、取引所によってはハードフォークにより誕生した通貨がもらえる場合もあること、などが挙げられます

///ハードフォークのデメリットとしては、頻繁に行ってしまうと信頼が失われてしまうことやハードフォークにより大きく価格が変動ことや、ブロックチェーンの作成が遅れて染むことにより、取引にも遅れが生じてしまう場合もあること、が挙げられます。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

絶対に知っておくべきことカテゴリの最新記事